おすすめの記事
本当の自分、素の自分を出せないと悩むあなたに大切なことは?

こんにちは。
〈オンラインカウンセリング『なごやか』
心理カウンセラーのイヌカイです。

素の自分、本当の自分が出せない、でも出来ない。

カウンセリングでもよくあるテーマです。

 

特に仕事のときなんかには、
もっと柔軟な軽快なコミュニケーションを
かわしたいのにどうしても固ーくなってしまう。

どうもぎこちない感じが拭えない。

自分自身にウソをついているような気がしてしまう。

周りの人はもっと上手にやってるのにと思うと
余計に気になってしまいますよね。

 

言ってみれば「出したい」という思いと、
「出すとまずい」という思いが
綱引きしているような状態ですから、

ストレスになって心が疲れてしまうのも当然といった感じです。

 

何を隠そう私も以前はそうでした。

特に会社に勤めているときはもちろんそうですし、
ふと気づくと知り合いや友人によって
見せていない自分があったり、

付き合いの浅い人には慎重になって
しまったりするのはよくないんじゃないかと
思ったりしてました。

 

素の自分、本当の自分っていったいなんだろう?

 

ここから少しの間、一緒にあなた自身のことを考えてみませんか。

善悪という図式からはなれる

この『本当の自分問題』で悩みから抜け出したいときに、
一番大事なポイントを先にお伝えしますね。

 

それは、「本当の自分=善」という思い込みから抜け出すことです。

 

どうしてかというと、心の中にいるいろんな自分同士が
対立していたりケンカしていたりすると
それだけで疲れちゃいますし、

あなたの本来持っている能力も
発揮できなくなってしまうからです。

 

「本当の自分=善」という思い込み(考え)がある以上は
この悩みから抜け出すことはできないか、

抜け出す代わりに大問題が起こって
長い目で見たら余計生きづらくなります。

 

『本当の自分』

 

それをどんな自分と考えているのかは人それぞれ。

 

よくあるのは「昔の自分」「子どものころの自分」。

子どものときにはもっと言いたいことを
すぐに口に出していたし、

大きな声で笑っていたし、

気軽に冗談やジョークも言ってたのに…とか。

 

「理想の自分」というパターンもありますね。

だれかあこがれている人やうらやましいと思う人がいて、
本当は自分もあんなふうにできるはずって
強く思ってしまってる…などなど。

 

ここでの最大の問題は『本当の自分』が
どんな自分なのかということではありません。

 

『本当の自分』というものが“ある”とした時点で、
そうじゃない自分が自動的に『ウソの自分』となってしまうこと。

これが最大の問題。

 

これを意外と意識できてないこと多いです。

知らず知らずのうちに『本当の自分=善、ウソの自分=悪』という
図式が自分の心の中に出来上がってしまうことこそが、
そもそもこの悩みの根源にあるんですね。

 

この後くわしくお話はしますが、
別にいろんな自分がいていいんですよ。

 

だけど、そのうちのどれかを『悪』としてしまう。

 

この思いこみから抜け出さないことには
心の平穏と平和な(現実の)生活は
手に入らないと思ってください。

どっちの自分も大事な自分

たとえば、あなたが仕事のときなんかに
固くまじめな感じの自分になってしまうのって
本当に悪いことって言い切れますか?

多分、そんなことないですよね。

 

たとえば、お客様や社内の人の中には
ノリの軽い人や馴れ馴れしく感じる人が苦手だったり
嫌いだったりする人も一人くらいいたりしないでしょうか。

 

あなたはすぐに人と距離を詰められないと思っている一方で、
実は相手からは信用できそうな人だなと思われている
なんてこともよくあります。

(事実、継続的に成果を出している営業マンは
よくイメージされるペラペラと口が回るタイプや
押しの強い熱血タイプなどとは正反対の方が少なくありません。)

 

たしかにそれが場にそぐわないこともそれなりにあるでしょう。

 

だけど、少なくとも「固くてまじめなこと」が
24時間365日、常にマイナスなことしかない
なんてことはないはず。

それについては自信を持って言い切れます。

 

なぜかと言うと、あなたがそんなふうになったのは、
あなたが一所懸命生き残ろうとしてきたから。

今は“つい”固くまじめになってしまうことで
困ることもあるでしょう。

 

でも、今日まで生きてきた中で
「まじめでお固い自分」になることで
切り抜ける必要があったとか、

なにか失敗した結果の反省があったとか、
なにか事情があったはず。

その時にはなにも間違ったことはしてないんです。
あなたはなにも悪くなかった。

むしろ必死にがんばったんです。

 

だから、今のあなたにとって一番大事なことは

「よく、がんばってきたね。ありがとう。」

あなた自身をねぎらってあげること、
ほめてあげることなんですよ。

 

身につけたその態度はあなたにとって
大切な能力であり財産です。

 

初対面の目上の人に、お固く礼儀正しく振る舞える
スキルが身についていなかったら、
それはそれで問題じゃないですか。

 

…でも、やっぱり気持ち的には
ちょっと落ち着かないというか
納得しきれないところもありますよね。

 

やっぱり軽快で柔軟な会話もできるようになりたいし、
大きな声で楽しく笑ったりしたいという
気持ちも当然あると思います。

たとえば、子どものころの自分みたいに。

実際、そうしたほうが得する場面もたしかにあります。

 

ただね、それって出そうとしてムリに出すと
それはそれでぎこちなくなってしまったり、

そのせいで恥ずかしい思いをしたりして
それがまたちょっとしたトラウマみたいになったりする
リスクもあることは覚えておいてもいいと思います。

 

じゃあ、本質的な問題はどこにあって、
なにをしていけばいいのでしょう?

問題は意識の奥で抑え込んでいること

結局のところ問題なのは、

自分の一部を抑えているせいで
ストレスが溜まってしまうことなんですよ。

現実的に損をすることは実は後付けの理由。

 

だからその自分の一部を
「否定して」「抑えて」しまう理由=
『思い込み』を変えていくことが最終的なゴールです。

 

抑えているストレスは具体的にすると、
みんなが楽しそうにしているのに
自分だけが取り残されているような

“さみしさ”だったり、

言いたいことが言えずにガマンしている

“フラストレーション”だったり、

本当は自分はもっと発揮できる能力が
あるはずだっていう、
現状の自分への焦り混じりの

“不満感”だったりと

きっといろんな理由があるんですよね。

 

これが言葉にならないことも多いので、
あえてしてみるのはおすすめです。

最初はなかなか出てこないかもしれません。

出たとしてもいまいちしっくりこないかもしれません。

 

それでもいいのです。

 

きれいな日本語じゃなくてもいいです。

湧いてきたものをそのまま出していけばいいです。

 

思いついた端からどんどん出してみているうちに、
ピンとくる瞬間がありますから。

 

それがやってこればかなりの進歩です。

 

感情が整理整頓されてすっきりしてきますよ。

言ってみれば自分自身へのカウンセリングとも
言えるかもしれません。

 

日々続けていくことで自分を
客観的に見る力もつくのでおすすめですよ。

 

その中で「自分は〇〇であるべき。」

「自分は□□でないといけない。」という

思い込みが出てくるかもしれません。

 

または、大きく傷ついた子どもの頃の自分と
出会うかもしれません。

 

もしも出来るなら思い込みにはツッコミや
反論をしてやってもいいし、

子どもの頃の自分には「つらかったね。」

「本当はあなたは何も悪いことはしていないよ。
悪者扱いしてごめんね。」みたいに
優しく声がけをしてあげてもいいです。

 

でも、このあたりは一人だけで取り組んでいくのは
むずかしい面もありますから、
必要ならカウンセリングを利用してもいいと思います。

いろんな自分を大切にしよう

あなたの中にはいろんな自分がいます。

「マジメでおカタい自分」

「ほがらかで元気な自分」

「優しくて包容力のある自分」

「強い意思があるけど反抗的な自分」などなど。

 

そのどれもが大事な自分です。

 

ひとつとして要らないものはありません。

 

あなたがいろんな場面で
生き抜いていくために必要な“自分”なんです。

 

たったひとつの“本当の自分”なんていうものは幻想です。

全ての自分が“本物の自分”なのです。

 

この幻想につけ込む怪しいセミナー講師や
ニセカウンセラーなんかも世の中にはたくさんいます。

お金と時間をムダにしたうえに
変な洗脳をされてしまってはたまったものじゃないですよね。

 

そんなものに頼らなくてもあなたは
十分に幸せに生きていける力をもっています。

 

今つらいとするなら、昔がんばったやり方が
ちょっと今に合わなくなってしまっただけ。

なにも間違った生き方をしたわけじゃありません。

 

まずはあなた自身が今の自分にも昔の自分にも
優しさを向けてあげるところから始めてみませんか?

 

私も微力ながら応援しております。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

心が楽になるお話をいろんなテーマでお送りしている
メルマガもございます。もしよかったらご登録くださいませ。

自分自身もうつを乗り越え、心の不調に苦しむ人に向き合い続けるイヌカイが、
心の仕組みをふまえた「なるほど!」と心が軽くなるお話をお伝えいたします。
メルマガ会員様だけのお得な情報のご案内などもいち早くさせていただきます。
お名前とメールアドレスだけでカンタンに登録できます。

*お名前

 
*メールアドレス
 

(購読の解除はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事