おすすめの記事
上司が怖くて仕事に行きづらい、やりづらい。対策や克服する方法は?

こんにちは。
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
職場の上司が怖くて仕事もままならないということですが、
くわしくお話いただけますか。

 

 

はい、なにか聞きたいことがあって呼んでも
「あ"ぁ"っ!?」って返事されたり、
確認したりしても「別に…」と相手にもしたくないような
感じなんです。。

なるほど、怒っているようだったり、
逆に興味もなさそうな態度をとられるわけですね。
それが続くとたしかにしんどいですね。

そうなんです。会社の業績もあまり良くないので、
彼も余裕がないのかもしれません…。

それはありえるかもしれませんね。
ただ、そういった事情を理解しているとしても、
やっぱり怖いものは怖いと感じてしまうんですよね。

はい、楽しんで仕事をしたいだけなのに、
自分が無能なせいで小馬鹿にされている気がして、
私は会社に必要のない人間なのかと思うと
夜も眠れなくなってしまいます。

せっかく一所懸命がんばっているのに
自分の存在価値が認められないと感じるつらさは、
すごくよく分かります。

はい、もう育ててくれた親にも申し訳なくなってしまって、
毎日つらくてつらくてどうしようもないです。
もっと器用に立ち回れればいいのに…
私は社会人として失格かもしれません…

勇気を出してお話くださってありがとうございます。
少しでも心が楽になるように、真剣にご相談にお答えしていきます。

完全なパワハラなら遠慮することはないです。

まず、当たり前ですが、物理的な暴力や恫喝、
あからさまな人格否定のようなパワハラやモラハラなどは
すぐにしかるべきところにうったえ出るべきです。

そこまでの理不尽に耐える必要は全く無いですから、
変にがんばったらあなたが壊れちゃいますよ。

明らかに○○ハラに当てはまるかどうか線引きできそうなら、
すぐに対処しましょう。

今はスマホもあるのでボイスレコーダー機能で録音を忘れずに。

こちら↓が厚労省が提示しているパワハラの定義です。
あてはまっていないかは一応確認したほうがいいと思います。

①優越的な関係に基づいて(優位性を背景に)行われること
②業務の適正な範囲を超えて行われること
③身体的若しくは精神的な苦痛を与えること、又は就業環境を害すること

リンク:パワーハラスメントの定義について(PDF)

ただ、実際には微妙なラインであることもけっこうあるんですよね。

特に、今回のご相談でお話いただいた内容だけで、
パワハラを訴え出るというのは現実問題なかなかむずかしいかもしれません。

もちろん、この上司の方の態度は決して良いものではありません。
それは間違いないです。

でも、せっかく就職活動やここまでの仕事を一所懸命がんばったのに…
という気持ちもあると悔しくもありますよね。

それに、今後転職の際にやめた理由を説明しづらいとか、
また、次の職場や部署に移ったときに同じようなことがあったら
どうしようかという心配もわくのではないでしょうか。

ちなみにですが、私も長いこと小売業で正社員をしてきた中で、
上司ではないですが、すごく怖いお客さんとか普通にいましたね。
もう目の前にくると足が震えるくらい。

その人が頻繁に来店していたときは仕事にいくのが憂鬱だったし、
まともに対応できない自分が情けなくてしょうがなかったです。

今、タイムスリップして当時の自分に会えるなら、
なんとかして助けてあげたいと思います。

 

もちろん、あまりにも苦しくて、落ち込みや無気力、不安感などが
何週間も続くようならまずは休むことが優先ですよ。

もしも、平気になるためになんとか少しだけでも気力が出せそうなら、
この先もぜひお読みいただいて、克服のためのヒントになることが
つかんでもらえたらなあと思います。

少しだけでも楽にしてスムーズに仕事ができるようになれるといいですよね。

『怖い人』に対する恐怖を克服していくためのポイントは、

元になった心理的な反応を知ることとと、
恐怖を感じた場面に対する2つの生理的反応のパターンに対処することで、
ついてしまったクセをなくしていくことが第一です。

では、ここからくわしくお話していきますね。

自分が昔怖かった人とダブるという心理的反応

パワハラ系モラハラ系の暴力人間が怖いのはある意味当たり前。

多分そういう人はあなた以外の人にも怖がられたり嫌われたりしてるはず。

ところが、どうも他の人はそうでもないんだけれど
自分だけがその人を怖がっていたり、わりと平気につきあっている人が
けっこういるようなら、あなたにとって『怖い』なにかがあるのかも。

多くの場合、妙に自分だけが怖いというものって、
ずっとその怖さをすり込まれてきたり、強烈に怖かった体験があったり
することが多いですね。

特に「親子関係」(祖父や祖母もよくある)はよくあるパターンです。

もしも可能なら、自分が

  • どんなことで怒られてきたか
  • どんな怒られ方や態度をされてきたか
  • どんな言葉で怒られたか

などを考えてみると『怖さ』の源流が分かるかもしれません。

自分で思い出す分には、本当にヤバい記憶には基本的にストッパーが
かかるのでよっぽどだいじょうぶですが、絶対にムリは禁物

キツいと思ったらすぐにやめてください。
また、その記憶自体をなんとかしようとするのもやめておきましょう。

後ほど思い出して見直すための方法もお伝えしますが、
本来はカウンセリングでも慎重に進めるところですから、

「ああ、もしかするとあれが関係あるかもな」と

思える程度で充分です。
それが意識できただけでも大きな進歩ですし、
気持ちもずいぶん軽くなると思いますよ。

また、あなただけにキツく当たっているということもありえますよね。

仲のいい同僚の方などに聞いてみてやっぱりそうなら、
それはそのキツく当たる人の問題がかなり大きいと思います。

その人にとって許せない要素をあなたの中に見ているんですね。

そしてそれがコントロールできずに表に出てしまうというのは
未熟な証拠ですから「ああ、この人はまだまだだな…」と
心の中で思ってやったら少ーし気持ちも軽くなるというもの。

そもそも怖い人と対峙するときのコツもこの後お伝えしますので、
それも一緒に活用していきましょう。

人間が恐怖を感じたときの生理的反応2パターン

あなたがある人を「怖い」と思ってしまうときって、
そのある人の表情・態度・声色・言葉などが、
昔自分を怖がらせた人のそれと重なることで

それが引き金になって、心の中ではその場面が
再生されているような状態になってしまうんですね。

意識が過去の場面に飛んで移動した、
または視点を逆にすれば過去に乗っ取られてしまった状態と言えます。

そうすると人間が強い恐怖を感じたときの2つのパターンどちらかの
反応が出てしまうんですね。

じゃあ、そのパターンとはなにかというと

  • 戦うか逃げるか(闘争か逃走か)
  • シャットダウン(フリーズ)

この2つです。

『戦うか逃げるか反応』は哺乳類(霊長類以外)的な反応。

自分や群れを守るために身構えて戦うか、
勝てなさそうならすぐに逃げれるようにという状態。

なんかそわそわざわざわと居ても立っても居られない感じというと、
イメージしやすいでしょうか。

『シャットダウン反応』は爬虫類・両生類(や無脊椎動物)的な反応。

ヘビににらまれたカエル状態。

要は「死んだふり」ですね。
自分を食べると腐っててお腹壊すかもしれないからやめたほうがいいよ。
という表現です。

頭が真っ白になってしまってなにも出来なくなってしまう感じは
だれしもが一度は経験があると思います。

本来人間を含む霊長類はこの2つのパターンの前に、
『冷静に意思疎通をして問題解決』という反応ができるんですが、
それができなさそうと感じてしまうと、
より原始的な反応しかできなくなってしまうんですね。

だから、『怖い人』に対峙したときの恐怖感を乗り越えていくには、
過去の場面でクセになってしまった『戦うか逃げるか反応』や
『シャットダウン反応』を解除していくことが最優先なのです。

2つのパターンを解除するコツ

『戦うか逃げるか』『シャットダウン』の反応が出ている時は、
筋肉の硬直・緊張など身体に状態があらわれます。

ですから、その身体の状態に対処していくことが近道なんですね。

ここでは、その対処法をお伝えしていきます。

1,怖かった場面の感覚を思い出す。

職場の怖い人に対峙したときのことを思い出してみます。

その人の表情、口調、声色、しゃべっていたこと、姿勢などを
ひとつずつ思い出してみましょう。

映画のように時間にそって再生していくとよりリアルに感じられます。

身体に意識を向けてだんだんそのときの感覚がよみがえってきましたか?

「あー、もういやだ、早くこの場から立ち去りたい…」なんて
考えていたなら2-1へ。

頭の中が真っ白で支離滅裂になってしまった感じなら
2-2を試してみてください。

2-1,逃げたくなったら自分を守る感覚を強める

『戦うか逃げるか』の反応、おそらくこの記事のテーマからして、
読まれているあなたは「なぐってやりたい」より「逃げたい」と
思うことがほとんどだと思います。

そんな状態なら身体にしっかりと力を入れて自分を守る感覚を
作っていくといいです。

腕で肩を抱いたり頭を抱えたりしてギュッとします。
つま先立ちになって足先に力を込めてもいいです。

これを怖かった場面を思い出した感覚に対してやっていきます。

身体からそわそわざわざわする感じが弱まってきたらいい感じです。

2-2,頭が真っ白になってしまうならとにかく動く

逆に『シャットダウン反応』で頭が真っ白になって固まってしまうなら、
動かすことでこわばりをゆるめていきます。

貧乏ゆすりしたり、手をプラプラしたり、指をパタパタさせていきます。

また、胸やお腹など緊張感があるところが分かれば、
そこをさすってあげても○。

とにかく固まりをほぐしていけることをやるといいですね。

------------------

実際の私のカウンセリングでも、まずは日常の困った場面から始めて、
だんだん過去の核心的な場面に対して、一緒に取り組んでいきますね。

ここではお伝えできないのですが、
『戦うか逃げるか』『シャットダウン』に対する身体を使った対処法は、
すごく強力な方法がありますので、カウンセリングを受けていただいた方には
どんどん活用してもらっています。

もしもご興味がありましたら申し込みいただければ幸いです。

また、怖い人に対峙するときの方法としては、
こちらの記事にある軸をずらすという方法も使えますよ。

上司への恐怖がゆるむと仕事の成果も変わる

上司のことが怖いという感覚がゆるんでくると、
仕事での成果が上がってくるということも十分に考えられます。

上司が怖くて、緊張した状態で仕事をしていると
身体も頭もこわばって、視野も狭くなります。

その状態で仕事に対して持っている能力を発揮しきるというのは、
ムリがあるんですよね。

そうすると、また上司に怒られたり嫌がられたりして…
という下向きのスパイラルに入っちゃう。

でも、成果が出始めると仕事も楽しくなるし、
上司のあなたに対する見方も変わってきます。

 

もしも、上司と向き合った時、

今まで言えなかったことが言えたとか、

イヤミを言われても受け流せた、

ということが少しでもできたなら、すごい成長ですよ。
思いっきり自分をねぎらって、ほめてあげてください。

 

勇気をもって何か行動を起こしたとき、
その行動による結果が期待どおりでなくても、
その行動を起こしたこと自体が財産になります。

そんなこともぜひ頭の片すみに置いといてもらえれば、
希望をもって歩んでいけるのではないかなと思います。

カウンセリングをご希望の方にお得な情報もお届けしている
メルマガもオススメです。ぜひご登録ください。

自分自身もうつを乗り越え、心の不調に苦しむ人に向き合い続けるイヌカイが、
心の仕組みをふまえた「なるほど!」と心が軽くなるお話をお伝えいたします。
メルマガ会員様だけのお得な情報のご案内などもいち早くさせていただきます。
お名前とメールアドレスだけでカンタンに登録できます。

*お名前

 
*メールアドレス
 

(購読の解除はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事