おすすめの記事
自分を責めるのはやめたいですよね。心理的な原理と抜け出す方法は?

こんにちは。
〈オンラインカウンセリング『なごやか』
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

なにか人に迷惑をかけてしまったり、期待を裏切ってしまったり。

自分の理想どおりにものごとが運ばなかったりしたときに、
つい自分を責めてしまいどんどん自分を追いこんで辛くなっていってしまう。

とはいえ他責=他人や環境のせいにするのもなにか違う気がする。

そんなふうに自責―自分のせいにして自分を責めることが度を越してしまうと、
とても辛いですし
うつなどの原因にもなります。

そんな自責思考を改善するポイントは

自分に向かって

「あなたはよくやってるよ。」

「あなたは悪くないよ。」

といったねぎらいの声がけをたくさんたくさんシャワーのように浴びせてあげることです。

今回の記事ではその声がけをより効果的にする方法や
自分を責めてしまう原因、他責との比較についてお話していきます。

自分を責めてしまうのはなぜ?

『自分を責める。』

その言葉だけを聞いて良いイメージが浮かぶ人は少ないはず。

なんか自分を追い込んでいじめているような感じでしょうか?

あえて良いイメージを探すなら“ストイック”というのが近いかもしれませんが、
よーく考えてみるとやっぱりちょっと違います。

(ストイックは求道的という意味なので、脇目も振らずそのことだけに
ひたすら打ち込むというのが正しいですね。)

でも、大していいことがないのは頭では分かっているのに、
ついついやってしまうのが悩みどころなんですよね。

自責に限らずですが、
『ついついやってしまうこと』っていうのは良し悪しに関わらず
心を安定させるためにしています。

なんか心を安定させるために心を傷つけているって、
変な感じが
するかもしれません。

だけど、心は物理モデルで表わせられますので
不安定から安定に向かうのは自然の摂理なんです。

ついつい自分を責めてしまう場面をちょっと思い出してみてください。

もしそこで自分を責めるのを無理矢理ガマンしたらどんな感じしますか?

“そわそわ”とか“もやもや”の強烈な感じというか、
いてもたってもいられないような感じというか、
ものすごい落ち着かない感覚ありますよね。

そこで自分を責めると落ち込むけども心は安定するわけです。

(ここではただ単純に物理的な安定という意味なので
安定=良いではないのでご注意を。)

そして、なんでそんな方法で心を安定させるのかというと
ほとんどの場合その方法がやり慣れていてパターンになっているからです。

例えばよくある事例だと、子どものころから親の期待することを達成すると、
褒めてもらえたりする一方で、
それができないと責められるという経験をし続けてきていて、

親が責める→それに従ってがんばる→なんとかほめてもらえる

というサイクルが出来上がります。

そうすると大人になっても心の中にコピーされた親の声が
(実感しているのはたいてい自分の声ですが)自分を
責め続けるのです。

もしも期待に応えられないとすると、
ほめられない=自分の存在意義が分からないという恐怖・不安となるので、
それがとてつもなくイヤな感覚として現れるのです。

自分を責め続けるとどうなってしまう?

責め続けることが常態化してしまうと、始めの方に書いたようにうつなどの
心の不調につながっていってしまいます。

それはなぜかというとほぼ全ての心の不調の原因―心の分断をまねくからです。

責めるということはすなわち、
その責められる状態を許せない、
受け入れられない=拒絶ということです。

それによりその自分の責められる部分が心の中で分かれてしまうわけですね。

そうするといつまでたっても自責は止まらず、苦しい状態は続いてしまうのです。
(実は常態化している時点で既に分断がかなり進んでいる可能性も大です。)

このあたりの話は何度も他の記事に書きましたので、
ここではこれ以上くどくどとした説明は省略しますね。

もしも、もう少し詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

他責が良いというわけでもない

自分を責めることがそんなにまずいなら、代わりに他人や環境のせいにしてしまえば
一番楽なんじゃないかなんて考えもちらついたりするのではないでしょうか?

たしかに楽は楽だと思いますよ。

もしもあなたが特に社会に参加せずに人生を送るというならそれでも問題ないと思います。

でも、これをお読みいただいている大半の方は、
学校や仕事などに限らず、
いろいろな人と関わって
これからも人生を送っていく必要があるはずです。

そして人との関わりの中でなんでも他人のせいにする人はまず敬遠されます。

それはお互いにとってより良い状態を実現するために、
前向きに協力する気がないと思われてしまうからです。

職場や学校・バイト先などで自分の失敗をなんでも自分以外のせいにして
いいわけばっかりしてる人って見たことありませんか?

そういう人を見たとき

「ああ、もうこの人進歩することないな…」

「この人のせいで他の人の負担が増えるな…」

みたいに思ったりしませんか?

だいたいの場合、他責は大人になりきれない子どもの思考です。

子どものころは力も弱いし、身体も小さいし知識も少ないので
できないことが多いです。

だから自分にどうしようもできないことに関して
他責にすることはしょうがないところもあります。

だけど、大人になって自分で対処できることも増えているのに
ずっとそれを引きずっていれば、
そのギャップは大人の社会では
疎ましがられるのは当然ですよね。

裏を返せば自責も決して悪い面だけではないということです。

自責ができるということは大人ということです。

自分のしたことを受け止めて改善できるということです。

問題は責めている心の部分(多くの場合大人の心)から
攻撃的な感情がのってしまっていて、

それを受け止める心の部分(多くの場合子どもの頃の心)が
恐怖してしまうことなのです。

あ、念のため注意です。

大災害とか完全なもらい事故に巻き込まれたとか、
大人の自分であってもなんともしようがないことくらいは
他責にしたって
バチは当たりませんよ。

もちろんそれだけをし続けて
前に進めなくなっているならまた問題ですけどね。

自責のつらさから抜け出すには

ある意味では自分のしたことを批判的に、
(“否定的に”ではないですよ。本当に最良の選択だったのか振り返るということです。)
見ることは自身の成長・進歩には欠かせない要素です。

ここでは自責のいい部分は残しつつ、
それでつらい気分に落ち込まないようにしていくエクササイズを
4つの手順でお伝えします。

1,その感覚を思い出す。

まずは椅子に座ります。

そして、自分がなにか失敗などをして、
自分で自分を責めている場面を思い出します。

まさに今自責して苦しんでいるときでもいいです。

そうして胸やお腹など身体のどこかにイヤな感覚がわいてくるのを待ちます。

2,椅子にイメージを残す

十分にそのイヤな感覚が身体に出てきたら、
椅子にその苦しんでいる自分の分身を残すようなイメージで立ち上がります。

そしたら数回軽くトントンとジャンプして、身体の感覚をリセットします。

そうしたうえでその椅子の上の分身イメージを見てみてください。

3,イメージに優しく触れて声をかける

椅子の上の苦しんでいる自分のイメージに
優しくふれてあげたり、なでてあげたりしながら、

「あなたはよくやってるよ。」

「全部はうまくいかなかったかもしれないけど、○○に関してはできてたよね。」

「あなたは悪くないよ。」

などねぎらいの言葉をかけてあげてましょう。

この言葉がけは、このエクササイズをやらないときでも、
普段からたくさん自分に向かってかけるといいですよ。

4,イメージと同化する

椅子の上のイメージがだいぶ落ち着いたと思えたら、
そのイメージと重なって同化してくような感覚でゆっくりと椅子に座っていきます。

完全に椅子に座りきったら自分の気持ちの変化をじっくりと味わってください。

もしもまだイヤな感覚が多く残っているようなら、手順2からもう一度繰り返してみます。

自責をうまく使いこなして生きる

こうした練習を重ねていくことで、責められて弱った心の部分に栄養補給をして
力をつけていってあげることからはじめていくのをおすすめします。

この部分が力をつけてくることで責める心の部分に対して、

「どうして責めずにいられないの?」

という視点で対話ができるようになり理解ができるようになってきます。

そうすると一方的な責めから建設的な相談のような形になり、
健全な大人として周りの人といい関係を築きつつ、
苦しむことなく進歩していけるようになります。

決して責めるほうも責められるほうも、どちらかが悪いということはありません。

どちらにも必ず意味や役割がちゃんとあります。

自分の心の中の人間関係がスムーズで優しい関係になれることが理想です。

自分を責めるようなクセから抜けて、もっと気楽に生きたいと思われたなら、
心を楽にするヒントを継続的にお届けする無料メルマガもオススメです。
ぜひご登録ください。

自分自身もうつを乗り越え、心の不調に苦しむ人に向き合い続けるイヌカイが、
心の仕組みをふまえた「なるほど!」と心が軽くなるお話をお伝えいたします。
メルマガ会員様だけのお得な情報のご案内などもいち早くさせていただきます。
お名前とメールアドレスだけでカンタンに登録できます。

*お名前

 
*メールアドレス
 

(購読の解除はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事