おすすめの記事
休職中にはどんな過ごし方がいい?復帰後にも再発を防ぐには?

こんにちは。
〈オンラインカウンセリング『なごやか』
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

よろしくお願いします。
現在、精神的な不調で休職中なのですが、復帰できるのかどうかや、
もし復帰できたとしても再発せずに仕事が続けられるかどうかが不安なんです。

なるほど。たしかに休んでいる間は良くても、
仕事に戻った時にまた辛くなって同じ状態になってしまって、
また休んでという状態になるのは怖いですよね。

はい、 職場の上司や同僚は「ゆっくり休めばいいよと」言ってくれるんですが、
ただ寝ていても罪悪感を感じるし、逆に外に出たり家の手伝いなどをしても、
今度はそれができるなら働けばいいのではないかと、
職場のみんなに申し訳なくなってしまって…

その申し訳ないという気持ちは素晴らしいと思いますよ。
ただ、それで休むことに集中できないことが続くときついかもしれませんね…。

そうなんです。このままだと、休職期間が終わったときが心配ですし、
職場のみんなに顔を合わせるのが気まずいです…

心の不調で休職せざるを得なくなってしまったとき、
休めることに安堵しつつも、回復や復帰に対する不安や、
職場に迷惑をかけてしまう罪悪感も同時に起こってしまうってよくあることです。

上司や同僚が優しくて気を使ってくれたりすると、
余計に申し訳ない気持ちも強くなってしまうもの。

今回は心の不調で休職しているときの気持ちの持ち方、
過ごし方や目指す状態などについてお話をしていきます。

私も休職中はなかなかじっくり休む感覚が持てませんでした。

かつて私もひどい心の落ち込みや無気力な状態で
どうしても仕事ができなくなり、会社をしばらくの間休んだことがあります。

 

とりあえず仕事しなくていいとほっとする反面、
自分が残してしまった仕事はどうなるのかという心配や、

上司や同僚のみんながただでさえ忙しいのに自分の分の仕事まで
負担してもらうことに対してものすごく申し訳ない気持ちが湧いたことを覚えています。

 

休んでる時に、同僚の方が遊びに連れ出してくれたこともあるのですが、
つらい思いを抱えつつも、遊ぶことに楽しい気持ちを感じてしまうことすら、
自分が甘えているようで、あとから暗い気分が襲ってきました。

(もちろん、気を使ってくれたことに関する感謝の気持ちはものすごく大きいのですが。)

また、こうして休むことが今後の会社の中での自分の評価や立場を
下げるのではないかという心配もありました。

そうすると、自宅にいて体は休めているはずなのに、
どうしても休めている感覚がせず、回復している実感が持てない状態に。

 

私の場合は、なんとかその期間に受けたカウンセリングが功を奏し、
後に復帰することができ、その後退職するまで再度休職することなく
勤めることができましたが、とにかく休みをとるだけで、
気力が戻ったら復帰をしようという考えだったら、
結局病んで休んでの繰り返しになっていたのではないかと、今でもゾッとします。 

休むことに自分が許可を出せないとつらいですよね。

とにかく休職し始めは疲労が蓄積している状態なので、
まずは身体の欲求にしたがうことが最優先です。

体が寝ていることを望んでいるなら、その通りにすること。

最終的には、体を動かしたり、生活のリズムを整えていくことは
大事になってくるんですが、それをしてみようと1mmも思えない状態で
やったところで完全なる逆効果になってしまいます。

 

ところが、日本人で心・メンタルの調子を崩す人は真面目な方が多いので、
どうしても上司や同僚のことを慮ってしまったりして、
なかなか休むことに自分で許可を出すことができない状態になりがち。

あなたもそう言うとこってありませんか?

「休んで力を取り戻すことが何より大事」だと頭ではわかっていても、
つい「休んで人に迷惑をかけているなんて最低だ…。」
みたいに自分を責めてしまったり、

「これでダメなやつというレッテルを貼られて、
会社に戻っても先がなくなってしまうんじゃ…。」
不安で焦ってしまうんですよね。

 

頭の中での呟かれる言葉は一説によれば1日30,000語以上だそうです。

自分責めや自己否定や不安の言葉で
それが埋め尽くされていたら休まらないのも当たり前。

だから、その頭の中の言葉に対抗していくことがすごく大事なんですよ。

とにかく物量勝負で

「今は休むことが大事だよ。」

「自信を持って休んでいいんだよ。」

そんな言葉をたくさんたくさん自分にかけてあげるんです。

頭の中だけで言わず、声に出して自分の耳に入れるのも重要です。

もしも、「そうは言っても…」という反発が返ってきたら、
「休んじゃだめってつい考えちゃうのもつらいよね…」と共感してあげましょうか。
そうすると、許可をする言葉も受け入れやすくなるはず。

それに加えて、「自分はよくやってきたし、今もよくやってる。」

そんなねぎらいの言葉も混ぜて行ってあげるとより効果が高いです。

もしも、信頼のおける奥様や彼女、お友達がいらっしゃるようでしたら、
一見馬鹿らしいかもしれないですが、

「休んでもいいんですか?」

「休んでいいんです!むしろ休みなさい!!」

なんていう大げさな小芝居をやってもいいくらいです。

 

これ、本当に楽になるんで可能でしたら是非やってみてください。

もちろん私からも自信を持って言わせていただきます

「休んでOKです!なんの問題もありません!!」

もしも回復を感じられ余裕が出てきたら

体の欲求に従ってしっかりと休めている実感が出て、
むしろ何もせずにただ休んでいることに
飽きてくるよような感覚が出てきたら、
軽く体を動かしていくことをオススメしています。

本当に軽ーくですよ。

基本的には散歩程度でだいじょうぶです。

ここでは割愛しますが、有酸素運動には自律神経の状態
フリーズしてしまったような状態を活性化させる効果があります。

もしも抵抗感なくできるようでしたら試してみてください。

 

ただ、この少し動ける時期というのは逆に危うさもあるんですよね。

ついもう大丈夫だと思ってパソコンで仕事をしてしまったり、
動けるのに仕事していないなんて自分は何て怠け者なんだと、
自己否定に走ってしまったり…。

 

このパターンがもし発動するようでしたら、
その時は休むことに関してと同じく、
またたくさんの自分への言葉がけをしていくといいでしょう。

「今は心を回復させるための行動に集中していていいんだよ。それが一番大事なことだよ。」

「いま自分にとって最善なことをやっているんだから自信を持っていいんだよ。」

とこんな感じでしょうか。

 

またさらにもうちょっと回復してきたら、
ちょっとずつ生活のリズムを整えていくといいですね。

とはいってもいきなりハードルの高いことから始めないこと。

特に起きる時間を目標にするのはあまりおすすめできません。

心が弱っている時でなくとも毎朝同じ時間に起きるというのは、
慣れていないと結構大変なことです。

それができないことによって、また自分を責める材料になってしまう
というのはよくある失敗談なんです。

だから、まずは布団に入る時間を決めるということだけでOK。

“寝る時間”にしてしまっても、その日の調子によって
なかなか寝付けない時とかもあったりしますから。

とにかく、布団に入りさえすればまずは OK。

その上で寝つきもそこそこ安定してきてから、
あまり早すぎない時間で朝起きることに
チャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。

うまくいかなかったらまたハードルを下げるだけですから、
ゲームだと思ってやるくらいでちょうどいいです。

カレンダーにシールを貼ったりして、
〇日間続けられたら自分にご褒美を買ってあげたりとか
楽しく設定するのもおすすめですよ。

ただただ漠然と休むだけでは根本的な解決はむずかしい。

心が弱ってしまった時に、休むということは
もちろんものすごく大事なことではあるんですが、

ただ、それだけすれば職場に復帰した後、
前以上のパフォーマンスを発揮できたり、
また同じように終わって休んでしまうということを
繰り返さないという状態にできるかと言うと、

正直なところそれはとてもむずかしいのではないかと思います。

 

復帰した後に部署を異動させてもらったりして環境が変わることで、
一時的に良い状態にはなれることはあると思いますが、

根本の原因になった心の中の問題が解決しなければ、
またいつか弱って休職しなければいけなくなってしまうということになりかねません。

それは、薬を飲むことも同じことです。

休むことや薬を飲むことは、心を回復させるための手助けにはなるけれども、
その不調の原因となった物事の考え方やとらえ方などは変えてくれません。

 

だから、宣伝みたいでやらしいんですけども、
是非カウンセリングを受けることを検討して欲しいなあと思います。

効果的なカウンセリングにはカウンセラーとクライアントの
相性も大事な要素ですので、決して私が一番というつもりはありません。

インターネットなどを検索して、ホームページに書いてある
プロフィールや記事などを読んで、良さそうなカウンセラーさんが
見つけられればいいと思います。

 

その上で、もしも私のカウンセリングに興味を持っていただけたなら、
お気軽にお問い合わせいただければ嬉しいです。

また、カウンセリングについてお得な情報なども
メールマガジンにてお伝えしたりしておりますので、
是非こちらもご登録いただければ幸いです。最後までお読みいただきありがとうございます。 

自分自身もうつを乗り越え、心の不調に苦しむ人に向き合い続けるイヌカイが、
心の仕組みをふまえた「なるほど!」と心が軽くなるお話をお伝えいたします。
メルマガ会員様だけのお得な情報のご案内などもいち早くさせていただきます。
お名前とメールアドレスだけでカンタンに登録できます。

*お名前

 
*メールアドレス
 

(購読の解除はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事