おすすめの記事
カウンセリングの効果とは?病気ではない人にも意味や必要性はあるの?

こんにちは。
〈オンラインカウンセリング『なごやか』
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

カウンセリングって、受けたことがない方からすると
本当に効果があるかどうか疑問に思われるのは当然だと思います。

極端なことを言えば、専門家と呼ばれる人にお金を払って相談するのと、
占い師や飲み屋のマスターとかママに話を聴いてもらうのと、
なにか違うのかと思われる方もいらっしゃると思います。

もしもあなたが心の不調で苦しんでおられて、
カウンセリングを受けるかどうか迷っているようなら、
ひとつの参考になれば幸いです。

お医者さんではだめなの?

カウンセリングには健康保険がききません。

ですので普通精神的に不調になって精神科や心療内科など
お医者さんに行くというのは選択肢の中でも優先的になりやすいと思います。

そしてお医者さんに行くと、それぞれの先生の方針にもよりますが、
大体の場合抗うつ剤などのお薬を処方されることが大半です。

私自身、若い頃にうつになった時には総合病院の精神科に行ったこともありますし、
個人開業のクリニックに行ったこともあります。

何人かの先生にお世話になりましたが、精神科や心療内科の先生が
寄り添ってしっかりと話を聞いてくれるということはほぼありませんでした。

私の知り合いの精神科の経験者に話を聞いてもほぼ同じような感じです。

もちろんそれは決して、間違っているわけではありません。

お医者さんは適切な処方を見極めるという、
お医者さんのお仕事を全うされているだけです。

とはいえ、私の経験から言うと抗うつ剤などの薬を飲んでも、
ちょっと頭がぼーっとしたり感情の上下が小さくなったりするだけで、

多少楽にはなるものの根本的な物事の捉え方や考え方、
辛い記憶への 感情的な問題は解決しませんでした。

身動きの取れないほど症状が重かったりする場合などには
必要な場合も多々ありますから、そういうときには活用すべきだと思います。

しかし、考え方や捉え方が変わったり情の問題が解決しなければ
一生薬を飲まないといけなくなってしまいます。

もしも薬を飲んで、多少楽になり、ある程度行動がとれるような状態になれば
そのタイミングでカウンセリングを受けるのも良いと思います。

カウンセリングではどんなことをやるの?

カウンセリングって受けてみようと思っても、
実際どんなことをやるのかわからないので
不安でなかなか一歩が踏み出せないということもあると思います。

カウンセリングと言うと普通イメージされるのは、
とにかく話を聞いてもらう。いわゆる傾聴というものではないでしょうか

決して間違いではありませんがそれだけでもありません。

また、ただ話を聞くだけでなく、カウンセリングとしての技術を用いて
話を聞きコミュニケーションをとります。

これだけでも、そのカウンセラーの技量が高ければ
かなり大きく改善が見込める場合もあります

ただし傾聴を中心とした方法(来談者中心療法と言います)だけでは
時間も相当かかることが多いですし、だいたいの症状では限界もあります。

また最悪の場合は話を聞いてもらうことですっきりすることがクセになり、
傾聴カウンセリングに依存してしまう場合すらあります。

加えて最近では、物事の捉え方の癖に注目し

(例えば白か黒かのような思考や、一つダメなら全部ダメのような思考です)

それを修正するようなアプローチと苦手なことのハードルを下げて、
少しずつチャレンジして克服していくという方法を組み合わせた、
認知行動療法が主流となっています。

この二つの方法はカウンセリングの基本ですので、ほとんどのカウンセラーが
どちらかもしくは両方をある程度使っていると思います

(カウンセラーによってどの程度の割合使うのかは個人差が大きいですが)

そしてカウンセラーによってさらに別の療法や技法を
様々に積み上げてクライアントさんに提供していたりします。

こういった様々な療法や技法はどれが特別に優れているということはなく、
クライアントさんの状態によって適切に使い分けられることが重要です

限られた技法や療法にこだわる、またはそれしかできないということは、
それだけ対応できるクライアントさんや心の状態に限りがあると
言い換えることもできます。

(私のカウンセリングの内容はこちらでよりくわしくお話しています。)

どうなることがカウンセリングの目的なの?

『カウンセリングを受けた結果、どういう状態になれるといいのか?』

実際の現場では、それは当然ながらクライアントさんの希望にそうことになります

しかしそれでは解説になりませんので、カウンセリングを提供する側の視点として
私の見解をお話します。

私が心のことを考えるときにベースにしていて、このサイトでも解説をしている
統一場心理学では分断されてしまった心を統合すること目的としています。

しかしそんなことを言われても抽象的すぎるし、
結局、現実的にその結果どうなるのかよくわからないですよね

ですのでもう少し具体的に表現するなら

やれること、できることが増える

一言で言えばこれに尽きます。

 

別の言い方すれば人生の選択肢が増えるということ。

さらにさらに言うなら人生の自由度が上がるということです。

例えばうつの方であれば不安感や自分責め、無気力感など、

パニックの方であれば出先での急な発作など、

あがり症の方であれば本番で頭が真っ白になるなど、

何かしらの苦しみが生まれることで自分の生活に必要なことや、
自分が本当にやりたいことやできるはずのことなどが、
十分にできなくなっているはずです。

自分の一部を否定したり過去に足を取られてしまい、
今という瞬間を使い切ることができずに
本当に望む未来への歩みを進めることができない…

そんな方の苦しみを和らげることを通して、
本来その人が持っている力を使えるような状態になる

そのお手伝いをするのがカウンセリングであると考えています。

カウンセリングは病気の人にしか意味がない?

ここまでの話を踏まえると、もしもやりたいことに対して
抵抗感があってできなかったり、日常的につらい思いを抱えているなら
カウンセリングを受けてもいいのじゃないかな?

そう思いつつも、精神科や心療内科に行くほどでもないから行くのを躊躇してしまう…

そんなふうに思う方もたくさんいらっしゃると思います

特に日本では日常的にカウンセリングを受けるという文化がないため、
どうしても病気の人が行くものというイメージが強いです。

しかし、心の仕組み上病気かそうでないかは、実は程度問題でしかありません。

この現代社会という枠組みに対して、一定以上対応できない状態を
病気として決めているだけです。

だから自分の心の中に何かしらの問題があって、

苦しみを感じていたり、行動に制限があるように感じられたりするならば、
遠慮なくカウンセリングを利用してもだいじょうぶですよ。

また、現実の業界ではカウンセリングとコーチングは、
マイナスから0にするカウンセリングと0からプラスを作っていくコーチング

というように

明らかな線引きがされているのが現状ですが、
心の不調が程度問題である以上、本来はその線引きは曖昧であるはずです。

カウンセリング受けに来たクライアントさんにコーチング的なアプローチを
する必要があるときもありますし、当然その逆もあります。

カウンセラーやコーチが自分のポジションやできることを決めつけてしまうと、
上記のような場面がやってきた時に適切な対応ができなくなってしまいます。

だからもし、カウンセリングを受けるということが恥ずかしいとか、
人に言いづらいということがあれば個人コーチングを受けている。

と思ったり言ったりしたって別になんの問題もありません(^^)

最終的により豊かな人生が送れるようになればそれでいいですよね。

自分一人だけでは見えないものもある

世の中にはたくさんの自己啓発本や心理(雑)学本があふれています。

またネットにも情報がたくさんあります。

本当に良い本やサイトは一握りですが、そういったものを見つけて手に入れて、
自分自身で努力することも素晴らしいことです。

しかし、必ずしもいい本や情報に出会えたり選べたりするわけでもないですし、

なによりも心の中には自分では絶対に気づかない部分や
届かない部分というのが存在します。

そこにこそ、重要ななにかが秘められている可能性が非常に高くて、
解決されれば一気に人生の歯車が噛み合い出すこともすごくよくあります。

そのためには他者の視点と力を借りる必要があります。

その際、心に専門的なアプローチができるカウンセラーやコーチは有力な選択肢になります。

これが友人や知り合いになるとプライベートすぎて話せないことがあったり、
的はずれなアドバイスをされてがっかりということは
誰もが経験したことがあるのではないでしょうか?

また、一見良さそうなアドバイスでも、それはその人のその時その状況での
成功事例であり
今の自分にとってうまくいく方法とは限りません。

これは成功者の経験則を書いた自己啓発本でも同じことです。

カウンセラー(コーチ)とのセッションは決して安いものではありませんが、
もしもその後の人生が大きく充実するのなら自己投資としては高いものではないです。

(そして私もそれだけの自己投資をしてカウンセリングを受けていただいている
クライアントさんは心の底から尊敬しますし、真剣に向き合っています。)

特に何十万円もする高額なセミナーなどを受けようか迷っているのなら、
その前に試してみる価値は十分あります。

(高額セミナーにもいいもの微妙なものがピンからキリまであります。
そしてカウンセラーはそのあたりの事情や内容に詳しい人も多かったりするので
情報収集もできるかもしれません)

そして最後に付け加えるならば

自分でお金を払うという負担をしてでも自分と向き合おうとしている時点で、
自分の人生を大きく変えるための大きな一歩をすでに踏み出せていると言えます。

もしもあなたがカウンセリングを受けてみようと思いながらも、
一歩が踏み出せないことに対して、この記事がちょっとしたヒントになれたならうれしいです。

無料メルマガでもカウンセリングに関する情報をお届けしていますので
ご興味がありましたらご登録くださいませ。

自分自身もうつを乗り越え、心の不調に苦しむ人に向き合い続けるイヌカイが、
心の仕組みをふまえた「なるほど!」と心が軽くなるお話をお伝えいたします。
メルマガ会員様だけのお得な情報のご案内などもいち早くさせていただきます。
お名前とメールアドレスだけでカンタンに登録できます。

*お名前

 
*メールアドレス
 

(購読の解除はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事