おすすめの記事
心の健康・メンタルヘルスが回復する仕組みと3つの視点を解説!

こんにちは。
〈オンラインカウンセリング『なごやか』
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

前回の記事では心の健康・メンタルヘルスの不調について、
原因やその構造・原理について解説いたしました。

今回はその続編として、心の不調が回復し、健康になっていくとき
心の中ではどんなことが起こっているのかと
その状態になるために必要な3つの視点についてお話いたします。

心が分断しているなら…

前回の記事の最後で、
「分断してしまっているのなら、くっつけて取り込んでしまえばよい」と
お伝えいたしました。

まずはこれを具体的にお話していくことから始めていきます。

それではまずわかりやすい例として、前回の DV をしてしまう人を
取り上げようと思います。

前回のおさらいですがこういったDV を繰り返してしまう人は、
暴力を振るってしまう自分を心の中で拒絶しています。

そしてその結果、
普段の自分と暴力を振るってしまう自分が封印されて分断してしまうわけです。

その状態では何かのきっかけになる出来事が起こったりすると
それが引き金となり、分断している暴力を振るってしまう自分の側に
意識が移動してしまいます。

その結果、普段の自分が持っている冷静さや知性などが使えなくなってしまい、
頭が真っ白になってしまって結果、暴力を振ってしまうのです。

(出来事という刺激があり拒絶した『封印した私』に意識が移動してます。)

では、仮によくあるパターンとしてその暴力を振るってしまう自分、

それが主に自分や家族に暴力を振るっていた
父親のデータでできているとしましょう。

そしてその親が嫌いで憎らしくてしょうがない。

つまり一言で言ってしまうと拒絶があるというわけです。

じゃあその父親のデータをくっつけて取り込む=統合するというのは、
分かりやすくするとどういうことなのでしょう?

例えば、世の中でよく言われることに“親を許しましょう”というのがあります。

これは拒絶の反対である調和の状態にして統合する方法の一つです。

ちなみになんで『許す』という表現を使うかと言うと
少し上から目線になってやりやすいというだけですね。

別に許すという視点でなくても恐怖感や嫌悪感不安感などの、
拒絶的な感覚がなくなれば特に何でも問題ありません。

とはいえ、お気づきかもしれませんが
言うは易し行うは難しです…

なぜそれがむずかしいのかは
心の中で起こることを『化学反応』と同じように
とらえると分かりやすくなります。

心のなかの化学反応

先ほどの例でいくと、親から暴力を受けていたりして、
親に対する恨みつらみや嫌悪感がとても強い場合には

許してと言われてもそんな簡単にいくものではないことは
なんとなく想像できるのではないかと思います。

これを理解するには、
化学反応と同じようなエネルギーの図考えるとわかりやすいです。

(より詳しく知りたい方はこちらのカテゴリーから学べます。
当記事では比較的簡潔にお伝えいたします。)

では、中学校の理科の授業を思い出してください!

水という物質はH2Oと表記しますね。

これは二つの水素原子と一つの酸素原子が
くっついて水になっているということを表します。

しかし水素と酸素はそのままほうっておいても
くっついて水になることはありません。

水素と酸素を結合させて水にするには熱などのエネルギーが必要です。

(これを活性化エネルギーと言います)

実は心もこれと同じモデルで捉えることができます。

話を親を許せない人お話に戻しますと、
普段の私から拒絶され分断した親の情報を
普段の私に取り入れて統合するためには、
エネルギー状態を高める必要があります。

ところが化学反応でもエネルギー状態が高いということは
=不安定ということです。

心のエネルギー状態を高めていくと不安定になり
その人の主観から言うと不快感を感じるような状態になります。

心の中の分断している情報・データ(ここでは親になります)に、
対する拒絶感が強いほど乗り越えるためのエネルギーも必要になり、
より不安定=より強い不快感を感じるようなります。

そしてその不快感に大概は耐えきれなくて、
結局、情報・データ(心の一部)は統合できず
しばらくするとエネルギーは普通の状態に戻ります。

では、その不快感を乗り越えるためにできることはないのでしょうか?

それはもちろんあるのです。
世の中にある心理療法、自己啓発からそのへんのおっさんのアドバイスまで…

ここからお伝えする3つのパターンのどれかで解釈することができます。

3つの視点でのアプローチ

では、この心のエネルギーの図をご覧ください。

心を統合するにはこの真ん中の山を乗り越える
=活性化エネルギーを高める必要があります。

ちなみにこの山は分かりやすい言い方をすれば「思い込み」です。

この山を越えることで分断された心は、
くっついて取り込まれ(統合され)そのときには快感を感じます。

たとえば「感謝」とか「愛」とかが湧きだすというような感覚は、
この調和・統合されたときの感覚のひとつといえるでしょう。

また、両端に下向きの山がありますね。

統合に向けてはこの3つの山に注目していきます。

1,今の自分の活性化

1つ目のアプローチは今の自分(普段の自分)の活性化です。

今の自分のエネルギーレベルを上げます。

これは分かりやすい例をあげると気合を入れるとか、
テンションを上げるとかですね。

自己啓発セミナーなんかで目標を叫んだり、
踊りまくったりというのはこのアプローチです。

この次から紹介す2つのアプローチがあっても
最後のひと押しでこれが必要な場合もよくあります

2,必要な活性化エネルギーを低くする

2つ目のアプローチは乗り越える山(=思い込み)を低くします。

つまり必要な活性化エネルギーを押さえることで
不安定になることであらわれる不快感を軽減して山を超えやすくします。

多くの心理カウンセリングー傾聴して寄り添うことで安心感を与えるとか、
極端な考え方にツッコミを入れて意味付けの変化を促すなどは
このアプローチです。

3,統合後のエネルギーレベルを下げる

3つ目のアプローチは今の自分が拒絶していた部分を
統合した後のエネルギーレベルを下げます。

心がエネルギーの山を乗り越えて統合されたときに快感を感じるのは
先に説明したとおりですが、
その落差を大きくし乗り越えたときの期待度を大きくします。

これは具体的には成功イメージを詳しくつくったり
「こんなにいいことがあるよ」というのを想起させたりします。

心を統合する(心の調子を回復する、させる)ためには、
このいずれかのアプローチをその人の状態や環境に合わせて適切に選んだり
組み合わせたりして活用します。

統合を目指すときの注意点

基本的には統合さえされれば心は健康になっていき、
自由に使える能力も増えていくのですが、
ひとつ気をつけたい落とし穴があります。

「じゃあ、自分の中にある拒絶しているデータ
(性格や人格、今まで出会った人など)を
ひたすら統合すればいいのか!」とやっきになってしまうと

無理やり従わせるような同調圧力が発生し、それに対する反発が
生まれてしまう恐れがあります。

そうすると逆に統合から遠ざかってしまうことに…

「なんとかしてやろう!」「統合しなければ!」という
気持ちがあったら要注意。

逆効果になったり、別の分断のもとになったりします。

全てを自分自身で行うというのもかなりむずかしいことです。

特に、拒絶していることにすら気づいていない、
気づけない部分に自分でたどり着くというのは至難のわざです。

全てをプロのカウンセラーを含めた他人に任せるというのも
依存のもとになってしまいますので、

状態が悪すぎて自分で取り組むのはきついとか
根が深そうでむずかしそうというところや、

突破口作りは助けてもらい自分で取り組めるところは自分で取り組んでみる、
といったように賢く使い分けができるといいですね。

そうしていってまた壁にぶつかったら助けを借りるというサイクルが、
理想的かと思います。

私のカウンセリングでは、セッション後に自分自身での取り組みまで
お伝えすることで、ご自身が楽になりつつ自立していけることを
大事にしています。

上手に見極め&使い分け

心をくっつけて取り込むための3つの視点でのアプローチは
いかがでしたでしょうか?

精神的につらくなったりそれが続いたりするときは、
まず自分の“思い込み”か“拒絶している部分”を見つけ出す。

そしてエネルギー図の山を乗り越えるために、
自分ができそうなのは何かを考えてやってみる。

こうして分断された心の部分を統合していくことで
心は健康になっていきます。

もちろん先に述べたように、
全部ひとりでやらなくてもOKです。

たとえばもし、心が整って健康になりやれなかったことが
やれるようになったりすると、がらっと人生が変わったりします。

でも、どんなにすごい大先生のカウンセリング、セッションを受けるとしても、
自分自身が心をいい状態にしようという意思がなければ、
効果はほとんどありません。

親や知人に無理矢理連れてこられてイヤイヤ受けているのを想像してもらえれば、
効果が出ないのはお分かりいただけるかと思います。

でも裏を返せば、

「現状のつらい状態から抜け出したい!」

「自分が本当にやりたいことがしたい!」

といった気持ちを持って心の問題に取り組めるなら、
もう回復し始めているようなもの。

この記事があなたの人生の自由度を上げることに
少しでも貢献できたなら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

自分自身もうつを乗り越え、心の不調に苦しむ人に向き合い続けるイヌカイが、
心の仕組みをふまえた「なるほど!」と心が軽くなるお話をお伝えいたします。
メルマガ会員様だけのお得な情報のご案内などもいち早くさせていただきます。
お名前とメールアドレスだけでカンタンに登録できます。

*お名前

 
*メールアドレス
 

(購読の解除はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事