おすすめの記事
自分の本心、本音や考えていることがわからないのはなぜ?

こんにちは。
〈オンラインカウンセリング『なごやか』
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

「自分が本当にしたいこと。」

「自分が本当に考えていること。」

「自分が本当に思っていること。」

どうにもひとつが見つからず、どれが本心なのかよく分からなくて
モヤモヤしているのだけど、ついにはなににモヤモヤしているのかすら
よく分からない。

「本心を言え!」と言われると困ってしまう。

「自分に対して向き合えていないからなのかなあ」なんて
不安になってしまうことすらある…

どうしたら自分の本心や本音が分かるのでしょう?

・ ・ ・

ご自身の本心や本音、本当にしたいことなどが分からないという
お悩みはカウンセリングをする中でもよく出てきます。

結論からいうなら、「必ずひとつの本心・本音がある」という、
思いこみが間違ってるんですね。

自分の心の中にいくつもの思いや考え、意見があることなんて普通なんです。

それをムリヤリひとつに絞ろうとするのは、逆に心の不調の元です。

今回の記事ではその理由を心の仕組みから解説しつつ、
心の中のいろんな思いや考えをまとめていくワークなどをお伝えします。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

心は『ソロプレイヤー』じゃなくて『チーム』

さて、あなたの心はいくつありますか?

そう質問されたら、「そんなもん1つだろ」って思いますよね。

じゃあ答えを言う前にもう一つ質問。

あなたの身体はいくつありますか?

・・・

そりゃ、全体としては一つです。

じゃあ、その身体をつくっているものはいくつありますか?

これは目とか手とかって数え方もあるかもしれないけれど、
細胞が集まってできていると考えると、たっくさんありますよね。

くわしく調べてなくて恐縮ですが、60兆とか38兆とかあるようです。

ここで最初の質問に戻ります。

あなたの心はいくつありますか?

・・・

心も全体としては基本的に一人一つです。

では、心にも細胞のようなものがあったらどうでしょう。

………

……

実はあるんです!

それって何かというと、産まれてから今まで生きてきた中で
蓄積されてきた情報です。

(もちろん遺伝で引き継がれたものも含めて。)

その中でも特に大きいのが人間の情報。

それがまた組み合わさってチームみたいになったりして、
心の一部をつくるわけです。

ある意味では自分の心の中も一つの組織のようなものです。

とするならば、中には性格や考えとかが違う人や合う人合わない人って
当然のごとくいるでしょうね。

だから、自分の心の中でいくつもの違う意見があって、
それを主張する人部分があったってなんにもおかしいことなんてないのです。

ただし、力関係はあります。

日常的に一番よく使われていて表に現われている「普段の自分」

(たいていの人はこれをいわゆる「自分」と思っています。)

これが組織のリーダーみたいなものでしょうか。

その一方で、表の行動には現れないけど、
なにか引っかかる出来事があったりすると、

「ちょっと待った!」と出てくる部分もあったりします。

発言しているメンバーがいるような感じ。

実際のチームや組織でも、それぞれの意見に一長一短があって
まとまらないこととか、ひとりひとりを尊重する場面とか
たくさんありますよね。

心の中だって一緒ってことです。

じゃあ、なにが問題になるのでしょう?

心の『チーム』における問題って?

さてさて、たとえ組織の中に反対意見を言う人がいるというだけでは
緊急的・直接的な問題にはなりませんよね。

(もしも外で言いふらしてるとかSNSで拡散してるとかなら問題ですが)

問題になるとしたら代表者の人がその発言を聞いて、
不愉快な気分になって仕事がはかどらないとか?

そんなことももちろんありますよね。

でも一番やってしまうとまずいのは

「そんなこと思ってはいけない!」と考えてしまうこと。

これはチームに置き換えるなら
「そんな発言してるやつはクビ!さっさとうちの組織から出ていけ!」

とその人を追い出してしまうことと同じです。

それをしてしまうと、追い出されたその人は組織の外から嫌がらせを続けます。
しかも管轄外ですから前よりはるかに言うことを聞いてくれません。

こうなるとそうとう厄介ですよね。

こんな時に優れたリーダーならどうするでしょう?

いろんな意見はあるかもしれませんが

『この人も大切なうちのメンバーだ、じっくりと話を聞いて分かり合おう』

と考えて行動するのがひとつの答えではないでしょうか。

「内側で発言するだけなら何も実害はない。
あなたがそうするのは、あなたにとって正当な理由がきっとあるはず。
遠慮せずに話してほしい」

といったようにコミュニケーションをとれたら素晴らしいですよね。

(もちろんですがたとえ話ですから、現実の組織ではクビにしたほうが
いいことも正直多々あるでしょう。

ところが、心の中に関しては厄介者をたとえクビにして追い出しても、
いなくなって存在が消えて関わりが消滅するってことはないのです。)

ちなみに強引に心のなかの普段の自分とは違う別の意見を、
「そんなのダメ!」としてしまうのは、
いわゆる『抑圧』と呼ばれるものと考えてもらってOK。

「この場面ではマズいから静かにしておいてくれ。」
「分かりました!そうします。」とストレスなく
ガマンができるのならそれは『抑制』ですから別に問題ではありません。

言いたいことがあるのに言えない。というような『抑圧』は
ストレスが大きくたまります。

「本音を見つけろ」みたいなアドバイスをする人もよくいますが、
本質的に大事なのは、抑え込まれているものや抑え込んでいることが
クセになっていることに気づいて、ゆるめていくことなんですね。

心の中のチームワークを発揮させるワーク

ここまで読んでいただいたあなたにささやかながらプレゼントです。

心の中のチームワークを発揮させるつワークです。

これをやってみると心の中でAかBか対立していたもの、
葛藤していたものを乗り越えて、
新しいZという意見がでてきたりしてすごく面白いですよ。

では、手順です。

1)「普段の自分」のイメージを呼び出す

「普段の自分(自分の心の中のリーダー)」を
どちらかの手のひらの上に立体映像のような感じでイメージしてください。

そしてさらにそのイメージがどんな色のエネルギーで覆われているか、

そのエネルギーの手触りはどうかなどをじっくりと感じてみてください。

2)話し合う相手のイメージを呼び出す

自分の心の中で別の意見を出している
「話し合いをしたい人」を思い浮かべてください。

そのうえで、自分の身体の中のどのあたりにいそうかを見つけて
(なんとなくでOKです。)

1)と反対側の手のひらにその人を同じく立体映像でイメージします。
その人がいそうな身体の位置から出してみる感じで。

そしてまた①と同じようにエネルギーの色や手触りなどを感じてください。

3)二つのイメージを和解させる

両手のひらのイメージがだいたいはっきりしてきたら
両手を近づけていきます。

そして、両手がくっついたあたりで、
それぞれの手のひらにいる2人を握手させてあげたり、
ハグさせてあげたりしてください。

同時に両方のエネルギーが混ざって、
色や手触りが変わっていくのを感じてください。

4)イメージを身体に戻す

変化したエネルギーをじっくりと手のひらで味わったら、
それを身体の中に戻しましょう。

手にのっているエネルギーを胸やみぞおちとかに入れていくイメージで。

入りきったと思ったらその感覚もじっくりと味わってください。

⑤和解した感覚を味わう

それを感じているうちに、言葉や考えや思いが浮かんできたら、
それもゆっくりと味わって受け入れていってください。

書き留めておいてもいいです。

これを何回かやっているうちに、不思議なことに心の中で
複数の思いや意見などが浮かんでも、普通に受け流すことが
できるようになってきたりします。

意見が対立していたりした場合は、
それを超える第3の案のようなものが浮かんだりもします。

注意としては「普段の自分」が弱っているときとか、
どうしても話し合いとか和解をイメージしたときに
抵抗感があったら無理にやらないことです。

以上、ぜひお試しくださいませ。

問題児がエースに変わることもよくあります。

現実の組織(会社やグループなど)でも、
堂々と多数派でない意見を言う人って問題児扱いされたりして
煙たがられたりしがちですが、実はすごい能力やパワーを
秘めていることってけっこうありますよね。

本当にすごい組織やリーダーってこういう人を
バリバリ活用してると思うんです。

いろんな人がいろんな意見を持ちながらもお互いを尊重し、
それぞれの力を出し切って同じ目的・目標に向かう。

そういう多様性を認める組織は強いです。

さて、“あなたの心という組織”ではどうでしょうか?

あなたの心のチームがポテンシャルを十分に発揮して、
充実した人生を送っていきたいと思われたなら、

継続的に心のお話をお届けする無料メルマガもおすすめです。
ぜひご登録くださいませ。

自分自身もうつを乗り越え、心の不調に苦しむ人に向き合い続けるイヌカイが、
心の仕組みをふまえた「なるほど!」と心が軽くなるお話をお伝えいたします。
メルマガ会員様だけのお得な情報のご案内などもいち早くさせていただきます。
お名前とメールアドレスだけでカンタンに登録できます。

*お名前

 
*メールアドレス
 

(購読の解除はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事