おすすめの記事
口下手で人付き合いに自信が持てない。克服や改善にまず必要なことは

こんにちは。
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
私は、口下手でつい自分を抑えてしまうクセがあり、
人付き合いがすごく苦手なんです。

そうでしたか。
具体的にはどんなことがあるんですか?

私にも友達がいるにはいるんですが、
話してる時に相手がつまらなそうな顔をしたり、
会話がはずんでこなかったりすると、
急に怖くて不安な気持ちになってしまうんです。

なるほど。
そうするとどんどん話すことに
消極的になっていてしまいますよね…

はい。こんなことを繰り返しているうちに、
人とどうやって接していいのか分からなくなってきてしまいました…
もっとうまく会話できるようにしたほうがいいのでしょうか?

人間は社会で生きる生物ですので、コミュニケーションの能力というのは
高いに越したことはないと思います。

しかし、こちらから『話す』ことだけがコミュニケーションではありません。

『聴く』こともコミュニケーションですし、
さらに言うなら、言葉を使わない表情や身振り手振り、
さらには体の姿勢なども全てコミュニケーションの内です。

 

ところが、口下手で悩まれる多くの方は、
『話す』ことの上手い下手に、ついフォーカスしてしまうんです。

細かいコミュニケーションの技術に関しては、こちらでプレゼントしている
無料のE-Book&動画セミナーで詳しくお話ししていますので
そちらをご参照いただければと思います。

今回の記事では主に技術面ではなく心理面でどんなことを解消していくといいのか 、
本当に大切な人間関係を作るコミュニケーションとは何なのかについてお話をしていきます。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

人間関係で特に嫌われるのは人の話を聴かない人。

コミュニケーションが原因で人から嫌われるということはもちろんあります。

自分の方がすごいアピールや自慢話ばかりしてマウントをとってくる人、

人が話すことをやたらと否定してくる人、

求めてもいないアドバイスばかりしてくる人…

一人二人は心当たりがあるんじゃないでしょうか。

そして、特に嫌われるのが自分ばっかりしゃべっていて人の話を全然聞かない人です。

ここでこういった人たちに共通していることに気づいてほしいんですけども、
これって全部『話す』ことが嫌われる原因になってませんか?

 

あの人は話が上手にできない、

あの人は話で場を盛り上げることができない、

あの人は 話で楽しませることができない、

だからあの人は嫌いという話は全然聞いたことがありません。

 

だから、まずは安心してください(^^)

後の方で詳しくお話ししますが、
あなたがそもそもコミュニケーションに恐怖を覚えるということは、
相手を不快な気分にさせること、傷つけることによって、
自分が人から嫌われ、拒絶されることへの恐怖があるはず。

でも裏を返せばその恐怖感は考えなしに話すことで
人を嫌な目に合わせることを予防しますから、
相手は安心感をもってあなたと付き合うことができます。

 

だって、お友達もいるじゃないですか。

本当にあなたとの会話が嫌でしょうがなければ、
付き合ってくれてないと思いますよ。

 

恐怖からの行動は長い目で見れば、自分の心を疲弊させることにつながるので
解消していくことをおすすめしますが、恐怖の感情を和らげた後でも、
状況に応じて慎重に会話を運ばせるという能力は残ります。

 

だから、あなたには本当に相手を良い気分にさせる
コミュニケーションを取ることができる才能があるとも言えるのです。

コミュニケーションの目的から考えてみよう。

さて、あなたは何のために人と会話をしますか?

何のためにコミュニケーションをとりますか?

世の中には自分の価値を人に認めさせるためという人もいるでしょうし、
自分の抱えている孤独感を誤魔化すためという人などもいるでしょう。

おそらく本人たちは気付いてないかもしれませんが。

 

でも、あなたはきっとそんな自分本位な考えで会話をしているわけじゃないと思います。

もしもそうだったら今回のご相談なんてしていないはずですから。

多分、自分が関わる人と良い人間関係を築きたいんじゃないですか?

その思いは本当に素晴らしいものです。

だって、そういう思いを持って、しかも実際にそれができる人が増えていったら、
世の中が幸せになっていくじゃないですか。

そのためにはまず、自分から相手にフォーカスを変えること。

無料でプレゼントしているコミュニケーション講座でも最初にお伝えしていますが、
コミュニケーションの目的を『相手をいい状態にすること。』 と捉え直すことです。

そして、そのために必要なのは相手に気持ちよくしゃべってもらうことです。

人間は皆自分のことを聴いてもらいたいんです。

それが大きく満たされれば満たされるほど気分が良くなります。

そうすると、気分を良くしてくれるあなたのことが好きになります。

だからこそ聞き上手になることが大事だとよく言われるし、
そのためには相手に興味を持つことが何よりも大事になってきます。

そして、より相手の話したいことを引き出すための質問の能力も重要です。

もちろん、こうした技術や心構えを一度に身につけるのは大変ですから、
もしよかったらこちらからダウンロードしてみてちょっとずつがんばってみてください。

心の根本に人付き合いへの恐怖があるかも。

先に少しお話を出しましたが、口下手なせいで人付き合いに自信が持てないとは、
裏を返せば人付き合いに対する怖さがあるはず。

それは、相手を嫌な思いにさせたり、傷つけたりすることで、
人から嫌われ拒絶されることへの恐怖じゃないでしょうか。

しかもそれがとりこし苦労であることも多かったりするんですよね。

そして、もう少し深めてみると、人から拒絶されることによる
『愛情を失う恐怖』や『自分の能力への自信を失う恐怖』があることも。

かなり深いところになるのでピンとこないことも多いと思いますが。

 

実際に今回のような口下手なことが苦手だというテーマでカウンセリングをしていても、
だんだんそういった深いところ根ざした恐怖が分かってくることもよくあることです。

原因は細かく見れば人によって様々ではありますが、
小さい頃から言われてきたことの積み重ねだったり、
恥をかいたりしたなどのショックな出来事があることが多いです。

そうしたことに行き当たった場合には、身体と心のつながりを活かして
打ち勝てる力を身につけていくアプローチや、
傷つきに言葉を使って栄養を補給してあげるアプローチなどで改善していきます。

 

こうした感情面の克服と技術的な練習を並行して行なっていくと、
びっくりするくらい相乗効果があったりします。

向き合って取り組んでみる価値は十二分にありますよ。
私もご依頼を受けた際には全力でサポートをしています。

お互いに話を譲り合える関係に

もしかすると、ずっと相手の話を聴いてばかりでは
今度は自分にストレスが溜まってしまうんではないか?という疑問を持たれるかもしれません。

でも、それに関してはそこまで気にしなくても大丈夫です。

 

そもそも、相手が喜んでくれる時点でとても嬉しくて幸せな気分になれますし、
そういった雰囲気が続いて行くと自然に話をすることを
譲り会えるような関係になっていくことができます。

 

関係が良くなることで、より自分の言いたいことが
言えるようになってくるんですね。

それに、会う人全員と深い関係を築く必要もありません。

お互いが話をして受け止めてその楽しさや嬉しさを
共有できる関係を優先して大事にすればいいのです。

人間の行動量には限界がありますから、所詮深く付き合える人数なんて知れていますし、
それなら大事な関係をより大事にする方が人生を充実させると思いませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。
人付き合いをもっと楽にして、充実してものにするためにも
心のお話はきっと役に立つはず。よかったらこちらのメルマガもご登録くださいませ。

自分自身もうつを乗り越え、心の不調に苦しむ人に向き合い続けるイヌカイが、
心の仕組みをふまえた「なるほど!」と心が軽くなるお話をお伝えいたします。
メルマガ会員様だけのお得な情報のご案内などもいち早くさせていただきます。
お名前とメールアドレスだけでカンタンに登録できます。

*お名前

 
*メールアドレス
 

(購読の解除はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事